【辛口厳選】海外に羽ばたく時の必需品【日用雑貨アイテム編】

TRAVEL

こんにちは、
いつもご覧いただき有難うございます、モトの英語脳ラジオです!

「英語が一切喋れない状態」で10歳の時に1人でイギリス留学スタート。海外歴20年の今では、英語が喋れるだけでなく、「コミュニケーション能力」が上がり、どんな言語・人種でも「この人は何を伝えたいのか、この人にはどうやったら伝えれるか」を無意識に理解出来るようになりました。

先日、下記のツイートをしました。

#海外旅行 #手ぶら旅行 荷物について #辛口意見
・まず「これがないと死んでしまう!」意外は持って行かない
・海外で買えるなら持って行かない
・迷ったら持って行かない
【大事な事】何を持って行ったか毎回持ち物の写真を撮って何が必要だったかメモる(#盗難防止にも良い)

海外歴25年から言わせると、日本出発までにかなり気になる事は「なにを持って行かないと失敗するのか」よりも「無駄な物を持って行きたくない!」です。

ミニマリストほどではないですが、海外で買えますので無理に色々持って行かず、最悪の場合は現地で購入すれば良いです。

「Time is Money」の時代は終わり、今は「Time is Life」です。決断は60秒以内にしましょう。という事で、今回は「日本でしか揃えられない物」にフォーカスして「要る・要らない留学必需品を書いていきます。

【辛口厳選】海外に羽ばたく時の必需品【日用雑貨アイテム編】

【辛口厳選】海外に羽ばたく時の必需品【日用雑貨アイテム編】

結論:以下になります

日用雑貨アイテムTOP10

  • 室内履き:「家で靴を脱ぐ」は日本人が世界に広めたと思います、スゴイ。けどまだまだ靴文化があるのでスリッパ必須。おすすめ→防寒スリッパ、又は蒸れないルームシューズ(ルームシューズの方がスリッパよりも長持ち&外でも使えるから「2 in 1」でお得)
  • 基礎化粧品:辛口感想→海外で買う
  • 化粧品:辛口感想→海外で買う
  • 歯ブラシ、歯磨き粉、シャンプーリンスは旅行用を持って行き、長期滞在する場合は現地でデカイのを買う
  • 裁縫用具:辛口感想→誰でも持ってます、借りましょう。ほぼ使わないと思います
  • 折りたたみ傘:折りたたみ傘を「発明」した老舗でもある、ドイツのクニルプス社の製品です。1万円以上の価値間違いなし
  • 生理用品:辛口感想→長期間海外であれば残念ながら慣れるしかない。それか日本から送ってもらうかですね
  • 毛処理(男性&女性):辛口感想:本当は一生使えるだろうミューレをオススメしたいけど、数年前から男性でもコスパ最高なムダ毛処理の時代ですね
  • 電動シェーバー派→11年連続で世界No.1のフィリップス(自動研磨で常に剃れ心地UP
  • シェービング派→ミューレのR89が一生モノで超おすすめ、使用後の肌が「ツルん、イキイキ」します!男はこういうアイテムが欲しがるけど自分では買おうとしないのでプレゼント=超感激の確率80%かと。プチ出血の確率も80%だけど、1週間使ってまだプチ出血する人は見たことがないです

なお、5000円以上の買い物は全て「公式オンラインストア」で購入しましょう。

「普通5万円なのに3万円で買えた!」と喜んでいた人がいます。その後、偽物と知り、買った店に問い合わせても全く対応してもらえず。。多分1万円以下の偽物を3万円で買ったのでしょう。東南アジアであればもしかすると6千円で買えたりして。。

「思い切って」どんっどん海外製品を試してみて

大半の人は「日本製しか肌に合わない」という考えが脳にこびりついていて、「海外製品を試すのは怖い」となります。その気持ち、スゴく分かります。

僕は留学して5年間以上、毎回毎回日本のシャンプーなどのデカくて重くてかさばる日用品をイギリスに持って行ってました。そりゃ、重量オーバーになってしまいますよね。。

思い切って海外のシャンプーを試すと、髪がガッサガサ。。シャンプーを流す時に髪の毛がかなり引っ張られて痛い痛い。。「もうイヤ」となりました。

「その国に一生住む」と思い込んでみて

旅行でも長期滞在でも「その国に一生住む」と思い込むことにより、「日本製でなければ無理!」という気持ちから「日本製が良いけど、海外でも良い製品があるかもしれない」へとシフトして、行動に移れます。

肩の力もスッと抜けて、楽になると思います。

上記のことからも、「辛口厳選」記事を書こうと思いました。

【今がチャンス】今後何が起こるかわからない

今後何が起こるかわからないから今がチャンス

バンコクで友達になった寿司職人の方は家族代々お寿司屋で、海外とはほぼ無縁

働き始めた時から年中休みがほぼなく、海外旅行なんかほぼほぼ不可能

ある日突然、父親の友人の頼みでタイでお寿司屋さんを任されることになりました。

バンコクでは日本の商品が簡単に入手できますが、もしもタイではなくミャンマーなどであればかなり困難です。ミャンマーでなくても、イギリスやアメリカのちょっと田舎の方だと日本の商品は簡単には入手できません。

結論:せっかく海外に行けるのであれば「日本では体験できない」をトコトンする為に、環境だけじゃなく、「自分自身の持ち物」も「海外」にしてみましょう。

なにか質問や気づいたことなどがあれば、いつでもメッセージいただければピンポイントでアドバイスしたり、配信するコンテンツなどを改善し、より有益な情報を配信し続けますのでよろしくです!

寿命100年時代なので、今年だけでも海外歴20年の僕がこのブログで紹介している方法やコツを3つだけでもトライしてみましょう!(信じなくていいので笑笑)

今日も読んでいただいて、
ありがとうございます、ステキな1日を!
Thank you, my friends, have a great day!
・:*+.\(( °ω° ))/.:+

【時代遅れは損】1700日以上前から本を聞く時代

無料で、いつでもキャンセルOK➡️アマゾンのAudible(オーディブル)

人気記事【左脳派か右脳派か分からないあなた限定】効率的な英語脳の鍛え方【今回は特別21選!】

人気記事【あなたの英語学習をさらに効果的にする方法】なぜスタエフを継続するのか【理由5つ】

人気記事【知らなきゃ損】まずは5万円をアフィリエイトで稼ぐ【リスクゼロ】