【大切なのでもう1度だけ】仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3

FUTURE

こんにちは、モトの英語脳ラジオです。
いつもご覧いただき、ありがとうございます!

僕について▶︎「英語が一切喋れない状態」で10歳の時に1人でイギリス留学スタート。海外歴20年の今では、英語が喋れるだけでなく、【コミュニケーション能力】が上がりました。

どんな言語・人種にでも「この人は何を伝えたいのか、何を考えているのか、この人にはどうやって伝えたら効果的なのか」などを無意識に理解出来るようになりました。

油断したらナマケてしまうアナタ

①日本で仕事が遅いと言われていたら海外に行けないでしょ?

②海外で仕事するなんて想像できない、しかも海外に行ったら仕事が遅い私・俺は生きていけるの?

③海外に行くだけで仕事が遅いと思われがちな私・俺でも輝けるってホント?

今回の内容を最後まで参考にすると日本で「仕事が遅い」と一瞬でも思われた人は海外に行くべきと理解できます。

そして、日本が「もろ刃の剣」のように仕事を爆速にしているけど、総合的に見ると効率があまり良くないことにも気づけます。

ただ、それでも日本が好きという人が多いので、今回は参考にして、例えば転職する時にもう1度だけサクッと読みたい。

    別に外資系企業に行かなくても、最近の若い企業はフレキシブルで、モトの英語脳ブログで気づいた点などを取り入れてくれやすです!

いつも言っていますが、英語ができる日本人は世界で最強だと思います、なぜなら日本のキビシイ環境で生き抜いているからです。

【大切なのでもう1度だけ】仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3

もくじ

  • 仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:①日本での仕事のスピードが速い
  • 仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:②日本の仕事の量が多すぎるだけ
  • 仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:③残業が多いから非効率になる人
  • 仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:おまけ
  • 仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:まとめ

ちなみに、日本人の「普通」はだいたい世界のトップクラスです!

例えば、「私・僕の仕事のスピードは普通です」と言っている人のほとんどが外国人より速いです。

今日も一緒に深堀りしてきましょう!

(今回はかなりサクッと書きますが、音声配信で深堀しますのでお楽しみに!)

仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:①日本での仕事のスピードが速い

仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:①日本での仕事のスピードが速い

仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3の①番目は「日本での仕事のスピードが速い」です。

どういうことかというと、仕事が遅い!と日本で言われたことがあるかもしれませんが、海外に行くとあなたの仕事のスピードは遅くないことに気づきます。

ただ、海外歴20年が言ったとしても信じない人が多いです。。チーン

また、ニューヨークなどの大都会だと日本くらい仕事のスピードが速いかもしれません。

しかし、大都会のような場所でない限り、仕事のスピードは全く遅くありません。

    とにかく日本での仕事のスピードが早かったことに気づきさえすれば、人生が180度変わるかと思います。

そして、仕事のスピードに対してムダなストレスがなくなったりするでしょう。

ボランティア活動で十分、学べる

ちなみに、上記のようなことはボランティア活動を通して知ることもできますので超短期の留学をして働けないという場合でも大丈夫です!

ということで、仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3の①番目は「日本での仕事のスピードが速い」でした!

やはり、日本の「普通」は何度考えても世界のトップクラスと言えます。

「私・俺は普通だからな〜」と諦めモードになっている人こそ海外に短期間でもいいので世界を知るべきです!

仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:②日本の仕事の量が多すぎるだけ

仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:②日本の仕事の量が多すぎるだけ

仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3の②番目は「日本の仕事の量が多すぎるだけ」です。

ボランティア活動でもいいのですが、とにかく海外で働くと日本でもらう仕事の多さは異常と知ることができます。

今回も大都会のあるあるかもしれませんが、基本的に日本の仕事の量は海外ではやりません。

ただ、やりたい人はドンドン出世する可能性は超高いです。

しかし、人それぞれなので、趣味に没頭したいと言う人はある程度の仕事が終われば定時に帰宅します。

海外にある日系企業のお話

注意点としては、ガッツリ日系!というような企業は避けることです。

想像できるかと思いますが、海外にさまざまな日系企業があります。

そしてほとんどの日系企業がそこまでローカル化せず、場合によっては日本人のようにサービス残業MAXのところもあります。

給料アップが最優先でなければ、シッカリと定時に帰らせてもらえる日系企業を選ぶのが吉。

    ちなみに、あなたのスキル次第でどんどん給料の交渉は可能です。

ということで、仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3の②番目は「日本の仕事の量が多すぎるだけ」でした!

ところで、仕事の量がタンジュンに多いだけで「超」非効率と言われています。

ただ、上記に関しても人によって違いますので、まずはスカイプ・ZOOM・TEAMSなどのオンライン面接をバンバン試したい!

仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:③残業が多いから非効率になる人

仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:③残業が多いから非効率になる人

仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3の③番目は「残業が多いから非効率になる人」です。

サービス残業だけでなく、タンジュンに残業が多いだけで非効率になります。

もちろん徹夜をバンバンしても大丈夫という人はいますがマレです。

科学的にも徹夜は「超」非効率と言われていますし、8時間や9時間を超える労働は非効率と言われています。

天職を探し続けたい

ただ、仕事が大好きな外国人などであればずっと会社に残っています。

上記の場合はタンジュンに天職なだけです。

ちなみに、IT企業であれば問題発生すると帰宅できないというのはあるかもしれません。(その分、給料をもらっていますし)

海外にある一般的な企業であれば、基本的に残業は最低限です。

そして、ブラック企業のようなところは社員がスグに辞めるので生き残れません。

    海外に行くことによって、「残業が多くて、イヤになっているから仕事が遅くなっていた」ということに気づくこともあると思います!

日本で「仕事が遅い!」と思われたり、言われたりして一瞬でも傷ついたのであれば、人生1度きりしかないのでぜひ海外でボランティア活動でもいいのでチャレンジしたい。

もちろん海外で仕事ができるのであれば必ず試したい!

ということで、仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3の③番目は「残業が多いから非効率になる人」でした!

仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:おまけ

仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:おまけ

仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3のおまけは「仕事が合っていなくても続ける人」です。

仕事が自分に合っていないくても会社を辞めず、仕事を続ける人というのは日本にかなり多いですよね。

    海外に行くと、ジョブホッピング(1年や2年で転職を繰り返す)は当たり前です。

お互いの為です!

海外にある企業側としても「合わないと思ったら無理に残らず、お互いのために仕事を変えるべき」という考え方です。

海外に行くと上記についてちゃんと理解できるのでスグに天職を探すようになるはずです。

ちなみに、僕もジョブホッピングしていたので、さまざまな会社をのぞけました。

もう一つだけ言うと「石の上にも三年」は遅すぎます。

海外では「石の上にも2年くらい」です。

ところで、石の上に乗ってるとお尻が痛くなるので「スグ降りる」のもアリです!

ということで、仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3のおまけは「仕事が合っていなくても続ける人」でした!

仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:まとめ

仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:まとめ

おさらい

  • 仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:①日本での仕事のスピードが速い
  • 仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:②日本の仕事の量が多すぎるだけ
  • 仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:③残業が多いから非効率になる人
  • 仕事が遅い人向け!海外に行くべき理由TOP3:④おまけ(仕事が合っていなくても続ける人)

いかがだったでしょうか!

海外に行く予定がなくても、まず初めに「日本での仕事のスピードが速い」だけで、あなたの仕事のスピードが世界で最下位ではないことを理解したい。

その上で、日本の仕事の量がタンジュンに多いということに気づけたりします。

もちろん残業のせいで非効率になっている人は大勢いますので、生き返るかもしれませんが、基本的には人生1度きりなので、1度は海外で仕事・ボランティアしたい!

    ちなみに、仕事が合っていなくても、今の会社を続けている人は自分・あなたにとっても会社にとってもベストではないことも海外で就職すると気づくことができます。

聞き流し専用!ブルーライト100%カットのYouTube動画

「超」聞き流し専用のYouTube動画

なんと!音声配信のコンテンツをYouTubeでも聞けるように、聞き流しできるYouTube動画を始めたので、「スキマ時間」や「〜しながら」聞き流したい。

英語脳ブログの内容を音声でさらに濃く、深くお伝えしていますので有益な情報になります!

例えば、英語学習が厳しい時にポチッと押すだけで立派で効果的な英語学習になります。

    YouTubeの動画はタイ・バンコクをドライブしている時にGoProで撮った風景です。(ループしている部分もあります)

寿命100年時代なので、今年だけでも海外歴20年の僕がこのブログで紹介している方法やコツを3つだけでもトライしてみましょう!(信じなくていいので笑笑)

今日も読んでいただいて、
ありがとうございます、ステキな1日を!
Thank you, my friends, have a great day!
・:*+.\(( °ω° ))/.:+

【ブルーライトを100%カット!】本を聞いて、あなたの目を大切にしたい

無料で、いつでもキャンセルOK、そして【ブルーライトを100%カット!】➡️アマゾンのAudible(オーディブル)

人気記事【左脳派か右脳派か分からないあなた限定】効率的な英語脳の鍛え方【今回は特別21選!】

人気記事【今、メンタリストDaiGoさんが受講中】AQUESオンライン英会話!海外歴20年が思うことTOP3

人気記事【知らなきゃ損】まずは5万円をアフィリエイトで稼ぐ【超簡単】