【責任あり】老後に海外移住して日本を知るべき

後悔しちゃう

こんにちは、モトの英語脳ラジオです。
いつもご覧いただき、ありがとうございます!

僕について▶︎「英語が一切喋れない状態」で10歳の時に1人でイギリス留学スタート。海外歴20年の今では、英語が喋れるだけでなく、【コミュニケーション能力】が上がりました。

どんな言語・人種にでも「この人は何を伝えたいのか、何を考えているのか、この人にはどうやって伝えたら効果的なのか」などを無意識に理解出来るようになりました。

油断したらナマケてしまうアナタ

①老後の時間がタップリあるからって別に海外移住してまで日本を知る責任なんてあるの?

②海外移住して英語力や英語脳を上達させたいけどわざわざ日本を外から知るべき理由がわからない!

③せっかく海外移住するんだから日本のことは忘れたいんだけど!

今回の内容を最後まで参考にするだけで、日本での老後の生活が一段と幸せになります!

いつも言っていますが日本の良さは海外に行ってさらに理解できることが多いです。

例えば親の「見えない努力や気遣い」などは一人暮らしをしてようやく分かったり、子育てをしてようやく分かる時がありますよね。

今回は「老後生活を送っている人は日本の外から日本を知る責任がある!」という言い方をあえて選びます。

なぜなら、ここまでしないと海外移住をほぼ100%しない人が日本に多いからです!

ちなみに「全く海外移住する気はない!」と言っている頑固な人ほど3度は海外移住すべきなんですがこれについては他で深掘します!

意味不明なもくじですが、シッカリと意味があるので最後まで読みたい。

【責任あり】老後に海外移住して日本を知るべき

【責任あり】老後に海外移住して日本を知るべき

もくじ

  • 老後に海外移住して日本を知るべき: ①当たり前の日常
  • 老後に海外移住して日本を知るべき: ②マジ恵まれた国
  • 老後に海外移住して日本を知るべき: ③日本と日本以外
  • 老後に海外移住して日本を知るべき: まとめ

サクッと3分ほどで読める記事にしますが、

“いつも通り「モトの英語脳ラジオ(PodCast, Spotify, YouTube, Stand.fmなど)」の音声配信で今回の内容を深掘りしますのでお楽しみに!”

それでは今日も一緒にいってみましょう!

老後に海外移住して日本を知るべき: ①当たり前の日常

老後に海外移住して日本を知るべき: ①当たり前の日常

老後に海外移住して日本を知るべきの①番目は「当たり前の日常」です。

日本の当たり前の日常は世界ではまだまだ珍しいほうだと海外移住して初めて実感できるでしょう。

治安についてもやはり日本がダントツで良いと言えるでしょう。

そして食べ物の美味しさなども日本がダントツで1位と言っても過言ではないかもしれません。

    「この飲食店はありえないでしょ!」という飲食店は日本では本当に少ないイメージしかありませんし、実際に不味すぎるという店に1度も入ったことがないと記憶しています。

清潔さもに関しても日本がダントツで安価な店でも安定的に清潔さをキープしている場合が多いです。

もちろん日本にもボロボロの飲食店はありますが、海外にあるボロボロの飲食店の比ではありません。汗

老後でなくても経験したい

老後であれば本当に海外移住をして日本を知ることは義務と考えたい。

まだまだ老後ではない人でも若いうちに海外移住するほうが確実にお得です!

なぜなら考え方や行動が全く別人になるからです。

    怒られそうですがいつも僕が「日本に出たことがないというのは日本のド田舎にずっと引きこもって東京や大阪すら行ったことがないのと一緒」と言っていますよね。

ただ、忙しかったりさまざまな理由で海外移住ができていない人が多いです。

とは言え、老後さえ海外移住ができないというのは言い訳と考えたい。

英語力ゼロだから海外移住はできないと言っている人があなたの周りにいれば必ずモトの英語脳ブログ(当ブログ)や聞き流しできるモトの英語脳ラジオを教えたい!

ということで、老後に海外移住して日本を知るべきの①番目は「当たり前の日常」でした!

日本での「普通の日常」というのは世界ではまだまだ珍しいです。

老後に海外移住して日本を知るべき: ②マジ恵まれた国

老後に海外移住して日本を知るべき: ②マジ恵まれた国

老後に海外移住して日本を知るべきの②番目は「マジ恵まれた国」です。

年配の人向けですがあえて「マジ」という言葉を使っています。

なぜなら日本が恵まれた国と言っているほど心の底から思っていない人が多いからです。

やはり上記も実際に海外に行って体験する必要があります!

なぜなら本や雑誌、インターネットで見ただけではやはり「ジーンと心に感じるもの」が全くないからです。

海外旅行でもなく、実際にプチ海外移住でもいいのでプチ海外移住して360度体験することで腑に落ちます。

餓死する可能性ぼほゼロ

日本では食べ物がなく餓死する可能性がほぼゼロと言えるでしょう。

海外でも「餓死する可能性がほぼゼロ」と言える国が多いです。

とはいえ、イベントやボランティアなどでもらえるチョットした食べ物が実際に美味しいと言える国は日本くらいと考えられます。

インターネットで書いていた事なんですけども、日本の刑務所の食事は基本的においしいようです。

海外では基本的に刑務所の食事はまずいようで、イギリスでは不味すぎて暴動が起きるようです。汗汗

    僕はイギリスに何年も住んでいましたが、普通の食事でも美味しくないのが一般的で「味がなくて良かった(不味いより味がないほうが救い)」と本気で思ったこともあります。汗

ただ、イギリスのおかげでだいたいのご飯は有り難く食べれますし、日本はマジ恵まれた国とも心から思えます。

日本が完璧!?

言っておきますが日本が完璧と言えるわけではありません。

とは言え、やはり全体的に見たときに日本はマジ恵まれた国と無意識に思えるほどです!

老後の日本での幸せ度を爆上げするためにも、格安チケットで物価三分の一の東南アジアに行って格安ゲストハウスをトライしたい!

ということで、老後に海外移住して日本を知るべきの②番目は「マジ恵まれた国」でした!

老後に海外移住して日本を知るべき: ③日本と日本以外

老後に海外移住して日本を知るべき: ③日本と日本以外

老後に海外移住して日本を知るべきの③番目は「日本と日本以外」です。

基本的にアメリカで起こったことは5年から10年以内に日本で起きると言われています。

例えばデパートやスーパーやコンビニなどです。

    セブンイレブンはもともとアメリカの会社ですし、インターネットショッピングもアメリカで流行ってから日本で流行りました。

ただ、日本がどの国よりもダントツで輝いている部分が本当にたくさんあります。

輝いているというか、世界中探しても日本以外の国では不可能と言われていることもあります。

例えばiPhoneの部品のほとんどは日本以外の場所では作れないとも言われているようです。

ある日本人の方は「特許なんてくだらない」と言ったほどです。

    上記の意味は「特許という紙切れなんかなくても真似できないものを作ればいいだけ」です!

上記は大昔に聞いたことですが、今でも鮮明に覚えています。

刃物は日本

他で言うと刃物です。

とにかく「切る」に関しては日本製品以外は使わない人が多いです。

電化製品になるとドイツが日本より勝っている場合がありますが、部品や刃物に関しては日本以外で作れる場所がないとよく聞きます。

    包丁は当たり前ですが、例えばすぐにダメになりそうな庭の手入れ用のハサミなんかも世界中で日本製品が勧められています!

ぜひ海外移住してさまざまな目線で日本と日本以外の国を比べたい。

ということで、老後に海外移住して日本を知るべきの③番目は「日本と日本以外」でした!

老後に海外移住して日本を知るべき: まとめ

老後に海外移住して日本を知るべき: まとめ

おさらい

  • 老後に海外移住して日本を知るべき: ①当たり前の日常
  • 老後に海外移住して日本を知るべき: ②恵まれた国MAX
  • 老後に海外移住して日本を知るべき: ③日本と日本以外

いかがだったでしょうか?

今回はTOP3の3つの内容が被った部分があったかもしれませんが、とにかくタップリある老後の時間を海外移住して日本を知る責任があると考えたい!

もちろん責任だけのために海外移住するのではなく、英語力や英語脳を上達するキッカケになれば良いとも思っています。

そして結果的に日本に帰国したとしても老後の幸せ度はほぼ確実に爆上がりするでしょう!

なぜなら長期的な海外移住ではなくプチ海外移住だけでも「日本と海外」を比べることができるからです!

ちなみに、僕のように自分に合う国を見つけると日本に帰国しなくなるかもしれません。

    日本に帰国しなくても海外移住することで日本に対する感謝は必ず増えますので海外移住した意味があったと理解したい。

いつも言っていますがどれだけ大好きな国を見つけたとしても必ず海外移住は最低3度はして、特に周辺の国は要チェックです!

要チェックというのは、弾丸旅行でもいいので必ずのぞいてみたい。

【ブルーライトを完全カット!】聞き流し専用のYouTube動画

なんと!音声配信のコンテンツをYouTubeでも聞けるように、聞き流しできるYouTube動画を始めたので、「スキマ時間」や「〜しながら」聞き流したい。

英語脳ブログの内容を音声でさらに濃く、深くお伝えしていますので有益な情報になります!

例えば、英語学習が厳しい時にポチッと押すだけで立派で効果的な英語学習になります。

    YouTubeの動画はタイ・バンコクをドライブしている時にGoProで撮った風景です。(ループしている部分あり)

寿命100年時代なので、今年だけでも海外歴20年の僕がこのブログで紹介している方法やコツを3つだけでもトライしてみましょう!(信じなくていいので笑笑)

今日も読んでいただいて、
ありがとうございます、ステキな1日を!
Thank you my friends, have a great day!
・:*+.\(( °ω° ))/.:+

人気記事【今、メンタリストDaiGoさんが受講中】AQUESオンライン英会話!海外歴20年が思うことTOP3

人気記事【左脳派か右脳派か分からないあなた限定】効率的な英語脳の鍛え方【今回は特別21選!】

人気記事【知らなきゃ損】まずは5万円をアフィリエイトで稼ぐ【超簡単】