【日系企業の取引先編】英語脳デメリットTOP3

Abroad

こんにちは、モトの英語脳ラジオです。
いつもご覧いただき、ありがとうございます!

僕について▶︎「英語が一切喋れない状態」で10歳の時に1人でイギリス留学スタート。海外歴20年の今では、英語が喋れるだけでなく、【コミュニケーション能力】が上がりました。

どんな言語・人種にでも「この人は何を伝えたいのか、何を考えているのか、この人にはどうやって伝えたら効果的なのか」などを無意識に理解出来るようになりました。

①海外にある日系企業の取引先であれば英語脳は重宝されるでしょ?

②海外にある日系企業の取引先で英語脳MAXを披露したら好かれるんじゃない?

③日系企業と言っても海外にあるんだから、ほとんどの社員が英語脳になってるのかな?

今回の内容を最後まで参考にするだけで海外転職をする確率が1%未満の人でも、

海外にある日系企業の取引先での英語脳デメリットを防げるようになります!

しかも、デメリットどころか「超」メリットにする方法もお伝えしますので数万円レベルの有益な情報です。

サクッと5分ほどで読める記事になっていますが、

いつも通り「モトの英語脳ラジオ(PodCast, Spotify, YouTube, Stand.fmなど)」の音声配信で今回の記事を深掘りしますのでお楽しみに!

【日系企業の取引先編】英語脳デメリットTOP3

【日系企業の取引先編】英語脳デメリットTOP3

もくじ

  • 英語脳デメリットTOP3:①下に見られてしまう
  • 英語脳デメリットTOP3:②社長のみに好かれる
  • 英語脳デメリットTOP3:③超混乱させてしまう
  • 英語脳デメリットTOP3:まとめ

それでは今日も一緒にいってみましょう!

英語脳デメリットTOP3:①下に見られてしまう

英語脳デメリットTOP3:①下に見られてしまう

英語脳デメリットTOP3の①番目は「下に見られてしまう」です。

なぜかというと、人間の脳は「優秀かそうでないか」は言語で判断しがちだからです。

例えばどれだけ優秀な外国人でも微妙な日本語しか喋れないと、日本人はその人を「あまり優秀ではない」と勘違いしやすいです。

    英語脳が育っている僕やあなたは、「外国人に言うと分かりやすい」ようなことを日本人に言ってしまう時がきます。

外国人に言うと分かりやすいことでも、英語脳ゼロの日本人にしたら「この人、何言ってるの?」と思われて、

結果的に、そして無意識に下に見られてしまう時があります。

解決策

解決策は超カンタンです!

英語脳を披露するだけで簡単に解決します。

「披露する」と書くとちょっとキモチワルイかもしれませんが、英語脳ゼロではないところを見せましょう。

    僕の場合はタイミングをみて、取引先のローカルスタッフなどにメールするときに取引先の日本人をCcに入れます。

ほとんどの日本人は英語を勉強したので英語脳が上達した人の英文メールを見ると一瞬「意味不明」となります。

意味不明がGOOD

ただ、この意味不明がちょうどいいのです。

なぜかというと、「本当に使う英語」は英語を勉強している人からすると意味不明だからです。

ちなみに、メールで英語脳を披露しなくても良いのですが対面の時に英語脳を披露するとキモチワルイと思われるかもしれません。

「この人、無駄に外国人っぽくしてるのかな?」という印象をあたえてしまうかもしれません。

    上記のような印象をあたえてしまうと、さらに下に見られて取れて今ある契約をキャンセルされるかもしれませんので気をつけたい。

ということで、英語脳デメリットTOP3の①番目は「下に見られてしまう」でした!

英語脳デメリットTOP3:②社長のみに好かれる

英語脳デメリットTOP3:②社長のみに好かれる

英語脳デメリットTOP3の②番目は「社長のみに好かれる」です。

なぜかというと、海外の日系企業なのに社長以外は英語脳を嫌がる日本人が多いからです。

例えば駐在員の人に嫌われるときがあります。

理由としては英語ができるだけでなく、英語脳が上達しているあなたに嫉妬してしまうからです。

嫉妬だけでなく嫌われる原因は「駐在員さん」と「英語脳が育っている人」を比べられたりするからです。

    「今日会った人のようにもっと英語をしないとな」と社長さんが駐在員の人に言う可能性は非常に高いです。

言わなくても、駐在員の人はプレッシャーに感じるときが多いでしょう。

若い日本人には好かれる!

若い日本人であれば英語に抵抗がない人が多く、

英語脳が上達しているあなたを好きになる場合が多いです。

実際に僕も男性にも女性にも好かれるときがあります。

雑談

バンコク・タイに来て、強制的にタイ語を学ばさせられて駐在員の人には距離を置かれましたがね。

なぜかというと、英語はあまりできないのにタイ語を学ばさせられて結果的にタイ人に下に見られ続けたからです。

下に見られ続けた理由はTOP3の1番目と同じように「微妙なタイ語(現地語)」しか話せなかったからです。

英語検定1級のような「タイ語検定1級」を取ったと思うのですがタイ語の会話が数年で社会人レベルにはなりません。

    日本にいる外国人も同じですが、かなりスマートに見える外国人が変な日本語を喋り続けると変な気持ちにならないでしょうか。

僕の場合は「英語で喋って」とスグに言います。

英語で喋った瞬間に迫力が増すというか、元の迫力に戻ります。

解決策

まずはめちゃくちゃ社長に好かれましょう!

なぜかというと、その社長に好かれていれば社員さんから切られる可能性が激減するからです。

そして必ず英語脳MAXのアピールをして悪気がないことを伝えましょう。

もちろん悪気がなくても嫌な思いをさせられたら好かれることはないかもしれません。

ただ、上記2点をまずやることが海外歴20年が発見したコツです!

とにかく会って分かり合う

その後はタンジュンに取引先の人たちにとにかく会ってあって会いまくりましょう。

会うという解決策を聞いて拍子抜けとなった人はいるかもしれませんが、

海外にある日系企業の社員さんと会うタイミングが少ない場合があります。

    タイミングを作って、どんどん会えばさまざまなメリットが起きますので試したい!

ということで、英語脳デメリットTOP3の②番目は「社長のみに好かれる」でした!

英語脳デメリットTOP3:③超混乱させてしまう

英語脳デメリットTOP3:③超混乱させてしまう

英語脳デメリットTOP3の③番目は「超混乱させてしまう」です。

なぜかというと、海外にあるとはいえ日系企業の多くは全くローカル化せず、英語脳なんて1ミリも考えていない場合が多いからです!

取引先が日系企業と知っていても海外にあるので英語脳MAXの場合は、

無意識に相手が日本人であろうと英語脳が炸裂します!

海外にあるのに英語脳を全く意識していない日系企業の問題と僕は思っているのですがどちらにしても「超」混乱させてしまうことがあります。

    カンタンな例えでいうと「遠慮」に関してです。

遠慮して言っているのかと勘違いされることが度々あるのでちょっと困ります。

そして大事な取引先であれば「遠慮ではありません」とはいえない!(笑)

「超」混乱とは?

ではなぜ「超」がつくのでしょうか。

理由は、海外にある日系企業はもちろん現地社員を雇っています。

やり取りする相手が日本人と現地社員の場合、現地社員に理解されるのに日本人には理解されないときがあります。

しかもこちらの現地社員も含めてメールのやり取りだけで終わらせてしまうと、取引先の日本人を超混乱させてしまいます。

解決策

こちらに関しても「とにかく会う」は必須です。

とくに現地社員も関わる案件であれば「何度か会わないとトラブルが起こる」と思うのが丁度いいと思いたい。

基本的にトラブルが起きるときというのはどこかで混乱が起きているときくらいでしょう。

そして案外その混乱は英語脳MAXの人が原因の場合が全く無いとは言えません。

    どんどん会って、英語脳を広めて、「とくに海外では英語脳ゼロはありえない!」と気づかせるのも解決策の1つです!

ということで、英語脳デメリットTOP3の③番目は「超混乱させてしまう」でした!

英語脳デメリットTOP3:まとめ

英語脳デメリットTOP3:まとめ

おさらい

  • 英語脳デメリットTOP3:①下に見られてしまう
  • 英語脳デメリットTOP3:②社長のみに好かれる
  • 英語脳デメリットTOP3:③超混乱させてしまう

いかがだったでしょうか!

海外にある日系企業の取引先での英語脳デメリットもかなり限られます。

日本人の若い人には好かれる場合が多いです。

そして1カ国以上で海外経験をした日本人には好かれる場合が多いです。

海外経験をした年配の日本人の方にはさらに好かれるでしょう!

グーグル翻訳は使いたくない?

英語脳に関しては海外歴20年の僕が保証できるくらい今後さらに必要となってきます。

どれだけグーグル翻訳が高性能になったとしても日本語は本当に難しいだけでなく、

    世界トップクラスで繊細な日本人の気持ちやニュアンスを通訳できる日はまだまだ遠い未来です。

そしてもしも気持ちやニュアンスを100%通訳できたとしても「機械なしで話したい」とほぼ確実に思うはずです。

1日3分で良いので英語学習を今からでもスタートしたい!

【ブルーライトを完全カット!】聞き流し専用のYouTube動画

なんと!音声配信のコンテンツをYouTubeでも聞けるように、聞き流しできるYouTube動画を始めたので、「スキマ時間」や「〜しながら」聞き流したい。

英語脳ブログの内容を音声でさらに濃く、深くお伝えしていますので有益な情報になります!

例えば、英語学習が厳しい時にポチッと押すだけで立派で効果的な英語学習になります。

    YouTubeの動画はタイ・バンコクをドライブしている時にGoProで撮った風景です。(ループしている部分あり)

寿命100年時代なので、今年だけでも海外歴20年の僕がこのブログで紹介している方法やコツを3つだけでもトライしてみましょう!(信じなくていいので笑笑)

今日も読んでいただいて、
ありがとうございます、ステキな1日を!
Thank you, my friends, have a great day!
・:*+.\(( °ω° ))/.:+

人気記事【今、メンタリストDaiGoさんが受講中】AQUESオンライン英会話!海外歴20年が思うことTOP3

人気記事【知らなきゃ損】まずは5万円をアフィリエイトで稼ぐ【超簡単】

人気記事【左脳派か右脳派か分からないあなた限定】効率的な英語脳の鍛え方【今回は特別21選!】