【超カンタンなのに効果大】洋画で学ぶ!おすすめ英語学習法TOP3

Abroad Expat Study Abroad

こんにちは、モトの英語脳ラジオです。
いつもご覧いただき、ありがとうございます!

僕について▶︎「英語が一切喋れない状態」で10歳の時に1人でイギリス留学スタート。海外歴20年の今では、英語が喋れるだけでなく、【コミュニケーション能力】が上がりました。どんな言語・人種にでも「この人は何を伝えたいのか、何を考えているのか、この人にはどうやって伝えたら効果的なのか」などを無意識に理解出来るようになりました。

油断したらナマケてしまうアナタ

①洋画に特化した英語学習法を知りたい

②海外ドラマと洋画の違いも理解したい

③とにかく効率的に楽しく英語学習したい!

今回の内容を最後まで参考にすると間違いなくあなたの英語力だけでなく英語脳も鍛えられる【一石二鳥】の英語学習法になります。

もちろん海外歴20年の知識と経験をブレンドしてお伝えしますので、かなり特別な内容になっています。

    しかも今回は【洋画】に特化した内容です!

さらに効果的に今回の内容を理解したい場合は「3日以内」に実践したい。

もしも2日目に実践できなければ、誰かに内容を教えましょう。

「教える・伝える=最強のアウトプット」です!

注意点:もくじだけ理解しても、ほぼ意味がないので、一緒に最後まで行っちゃいましょう。

【超カンタンなのに効果大】洋画で学ぶ!おすすめ英語学習法TOP3

【超カンタンなのに効果大】洋画で学ぶ!おすすめ英語学習法TOP3

もくじ

  • 洋画のおすすめ英語学習法TOP3:①楽しさよりも興味深さ
  • 洋画のおすすめ英語学習法TOP3:②ドキュメンタリー優先
  • 洋画のおすすめ英語学習法TOP3:③誰かにおすすめする!
  • 洋画のおすすめ英語学習法TOP3:まとめ

上記について、もしかすると他の記事でも紹介したかも知れません。

今回は洋画に特化しているのでお楽しみに!

洋画のおすすめ英語学習法TOP3:①楽しさよりも興味深さ

洋画のおすすめ英語学習法TOP3:①楽しさよりも興味深さ

洋画のおすすめ英語学習法TOP3の1番目は「楽しさよりも興味深さ」です。

理由としては「楽しさ」が優先されると英語学習というマインドが消えやすくなるからです。

いつもであれば「大好きな洋画・海外ドラマ」を選んでください!と言っています。

しかし、洋画に特化した場合、「大好きな」や「楽しい」洋画ではなく、「興味深さ」を最優先にしたい。

安心してください

チョット待ってくださいね、興味深いということは「オモシロイ」ということでもあります。

したがって別に楽しくない洋画を選ぶということではありません。

    ちなみに、海外ドラマはやっぱり【大好きな海外ドラマ】を最優先にするべきなケースが非常に多いです。

なぜかというと、タンジュンに海外ドラマは超長いからです。

僕が大好きなビッグバンセオリーなんか12シーズン、、、279エピソードあります。

そして僕の「海外ドラマの英語学習法」は5回くらい観る必要があるという、、

ただ、僕は3回以上はビッグバンセオリーを観ていますので、不可能ではありません。

そして、英語学習と考えると、同じ海外ドラマを使えるということはスバラシイことです。

メリットはたくさんありますが、タンジュンに「新しい教材を買わなくていい「というメリットもあります。

話を戻します

ということで、英語学習の方法は海外ドラマと同じでOKです!

どういうことかというと、以下のように同じ洋画を3回以上観ましょう。

  • 日本語吹き替え・字幕なし(とにかく内容を理解&楽しむ!)
  • 日本語吹き替え・英語字幕
  • 英語の音声で、日本語字幕
  • 英語の音声で、英語字幕
  • 英語の音声で、字幕なし

日本語吹き替えがある洋画を優先的に選びたいですね。

そして、とにかく上記5つの1番目は必ずしたい!

本当に多くの人が【洋画で英語学習するぞ!】と意気込んで、いきなり英語の音声で、英語字幕しちゃったり。。。

超初心者なのにいきなりそこからスタートすると英語や洋画が苦手になったりします。

    覚えてますか?▶【超スモールステップ!】

ガッツリ覚えてない人や知らない人はブログの右上にある顔写真の下らへんで検索してみたい。

5回くらい観たい

とにかく、5回は観てしまう興味深い洋画を選ぶ必要があります。

ただ、最初からどの洋画が興味深いかカンタンには見分けられない人もいます。

見分けられる人も次の「TOP3の2番目」をベースに英語学習用の洋画を探したい。

ということで、洋画のおすすめ英語学習法TOP3の1番目は「楽しさよりも興味深さ」でした!

洋画のおすすめ英語学習法TOP3:②ドキュメンタリー優先

洋画のおすすめ英語学習法TOP3:②ドキュメンタリー優先

洋画のおすすめ英語学習法TOP3の2番目は「ドキュメンタリー優先」です。

TOP3の1番目の最後にお伝えしましたが、どんな洋画だったら興味深いだけでなく5回くらい観てしまうか分からない人は多いです。

そんな時はドキュメンタリーを優先したい。

理由としてはドキュメンタリーは「あきずらい」からです。

正確に言うと、「あきる、あきない」という思いはあまり関係なく観れるドキュメンタリー洋画が多いです。

僕の場合

ただ、僕の場合はドキュメンタリーを20代後半までほぼ観なかった記憶があります。

しかし、例えばAPPLE(アップル)の製品が好きな人であれば「スティーブ・ジョブズ」の映画は超おすすめです。

一緒に本も読みたい▶️スティーブ・ジョブズ(KISSコミックス)

そして、「Discovery Channel(ディスカバリーチャンネル)」を観たことがない人は必ず試したい。

経済・歴史・哲学

他で言うと、経済・歴史についてのドキュメンタリーも興味深いですよね。

もちろんどの国が作ったかによって実際の歴史と違う部分がある場合もありますが、今回の場は【英語学習】が目的です!

ドキュメンタリーの背景にはさまざまな哲学(考え方)があり、

同じドキュメンタリーでも観るたびに学べたり気づきを得られたりもします。

洋画の長さもポイント

最近の洋画のほとんどは1時間半ほどですが、ドキュメンタリーであれば2時間ほどです。

長ければ良いということではないのですが、基本的に長いほど学べることが多いです。

    ただ、1時間半は長いと思ったら、別に一気に観なくてOKです。

というかそういうところは無理せずに観たい。

ちなみに、「洋画に特化した内容」ということで、他の記事でお伝えした「ネットフリックス(Netflix)での英語学習法」とはちょっと違います。

ただ、今回の内容も参考にすると、より効果的な英語学習となるでしょう!

ネットフリックス(Netflix)も最近ではガッツリとドキュメンタリー洋画を増やしています。

完全無料なので今がチャンスのDMM見放題またはU-NEXTも試したい。

インタビュー動画

YouTubeでも「インタビュー系の動画」が多く見られますよね。

ただ、そこは洋画として、ドキュメンタリーとして観るのがオススメの場合が多いです。

なぜかというと、ドキュメンタリーの洋画は超考えられて作られているので「物語(ストーリー)」が存在しています。

    YouTubeでサクッとインタビュー系の動画を見るのもいいですが、シッカリと物語としてインタビューもコミコミのドキュメンタリー洋画を優先したい。

ということで、洋画のおすすめ英語学習法TOP3の2番目は「ドキュメンタリー優先」でした!

洋画のおすすめ英語学習法TOP3:③誰かにおすすめする!

洋画のおすすめ英語学習法TOP3:③誰かにおすすめする!

洋画のおすすめ英語学習法TOP3の3番目は「誰かにおすすめする!」です。

理由としてはオススメするというのは「教える」という要素もブレンドされており、「超」効果的な英語学習だからです。

そして、なにより良いものを友達にオススメすることは良いことです。

ただし、人それぞれ考え方が違いますので、あなたがオススメする洋画を観ない場合もあります。

例えば、どれだけ良い洋画だったとしても僕はそこまで進んでホラー映画・洋画を観ません。

しっかりと相手を知る

ホラー映画をほぼ観ない僕でも「サスペンスxホラー」であれば観ます。

他で言うと、「ホラーxコメディ」であれば観ます。

ちなみに、僕の友達でホラー映画・洋画しかみない!という人もいます。

以上のように、人それぞれなんです!

    ただ、【伝え方】で相手の意見が変わることはありますので、伝え方に関しては工夫したい。

ヒントはさまざまな予告編を参考にすることです!

外国人におすすめする

ちなみに、もちろん外国人にオススメしたい。

ただ、「超スモールステップ」と僕がいつも言っているように、「誰にでも聞く」でOKです。

そして、【英語日記】についてお伝えしたことがありましたよね。

英語日記は「日本語で書いてから英語で書く」のが超初心者〜中級者にはおすすめです。

なぜかというと、いきなりボキャブラリーが少ない英語で考えようとするとほぼ英語学習にならないからです。

例えば、まずは日本人の友達にオススメして、その後、外国人におすすめする。

1年以内に外国人友達を1人作る

外国人の友達・知り合いが全くいない人は「1年以内に1人だけ作る」と決めましょう。

YouTube、Twitter、インスタ

ところで、同じ外国人友達にガンガン洋画をオススメすると怪しすぎます!

怪しすぎなくても、「また洋画をすすめようとしてない?」と思われてしまったり。

そんな時は外国人友達ではなく、ソーシャルメディアでおすすめしてみましょう。

    本当に何でも良いんですが、YouTubeでもオススメしたい。

理由としては「動画であればジェスチャーMAXは必須」だからです!

もちろんスタエフ(Standfm)やアンカー(Anchor)のような音声配信アプリを使ってもジェスチャーはするでしょう。

ただ、【ジェスチャーMAX】じゃない時が多いはず。

しかもちゃんとジェスチャーMAXになっているのかをYouTube動画で実際に確認できる!

ちなみに、【成長記録になる!】ということはもうご存知ですよね。

まだ僕の成長記録に関する記事をチラ見していない人は必読です!

ブログの右上にある僕の顔写真の下で「成長記録」と検索したい。(以下の写真を参考に!)

ブログの右上にある僕の顔写真の下で「成長記録」と検索したい。

ということで、洋画のおすすめ英語学習法TOP3の3番目は「誰かにおすすめする!」でした!

実はおすすめすることとで、もっと多くのメリットに出逢えます。

    ぜひ5回はオススメしたい。

そして、3日以内に1度は実践したい!

洋画のおすすめ英語学習法TOP3:まとめ

洋画のおすすめ英語学習法TOP3:まとめ

今回の内容もネットで探しても出てこない情報でしょう。

内容を参考にしていると「はぁ?」と思った人は1人はいるはずです。

そんな人は今回お伝えした英語学習法を1年ほど実践することによって超理解できます。

    3日以内に実践してもちゃんとできないのは当たり前なので、あまり気にしなくていいです。

とにかくまずは「超スモールステップ」です!

まとめでしたね

TOP3の1番目は本当に大切です。

やはり「洋画で英語学習」なんてやりなれていないものなので、スグに1時間半ほど洋画に奪われて、

「あれ???この洋画でほぼなにも英語学習できてない!」となりやすい。

とにかくまずは「楽しさよりも興味深さ」を最優先にしたい。

チョット待って

「チョット待って、興味深い映画・洋画の探し方なんてサッパリわからない!」という人がかなり多いはずです。

20代の僕もタンジュンに大好きなアクションなどの洋画を観まくっていました。

「興味深い洋画」なんて「意味不明」という感じでした。

そんな時はまよわず「ドキュメンタリー」を最優先にしたい。

ドキュメンタリー恐怖症だった?!

昔の僕であれば、ドキュメンタリーと聞いただけでゾクッとしてしまい「アクション映画がみたい〜!」となっていました。

ただ、そんな昔の僕でも「スティーブ・ジョブズのドキュメンタリー」は何回も観ていました。

しかも本まで読んでいました!

上記のように、どんな人でも興味があることからドキュメンタリーを探すと見つけやすいです。

    そして、ドキュメンタリーはYouTubeなどの「インタビューだけの動画」よりも遥かに英語学習には効果的です。

なぜかというと、シッカリとインタビューも含んだ物語(ストーリー)になっているからです!

最後のポイント

TOP3の3番目(最後のポイント)は超大切です。

なぜかというと、誰かにオススメすることにより【受け身から開放】されます。

やはりどれだけ洋画・海外ドラマで英語学習しても、受け身のままでは「超」効果的と言えません。

    そして、逆に言うと、最後のポイントさえすれば「超」効果的に洋画で英語学習が可能と言っても過言ではありません!

ただ、最後のポイントをシッカリとしたければTOP3の1番目と2番目が必要になる可能性が高いです\(^o^)/

僕も一緒に考えますので、ぜひ迷っていたり困っていたり、全くアイデアが思いつかない!となっている人がいれば今すぐ僕に連絡したい!

もちろん、応援メッセージもいただければ「超」はげみになります!

何度か読む必要があるかも知れませんが、ぜひ理解を深め、実践して自分のものにしたいですね!

寿命100年時代なので、今年だけでも海外歴20年の僕がこのブログで紹介している方法やコツを3つだけでもトライしてみましょう!(信じなくていいので笑笑)

今日も読んでいただいて、
ありがとうございます、ステキな1日を!
Thank you, my friends, have a great day!
・:*+.\(( °ω° ))/.:+

【時代遅れは損】1700日以上前から本を聞く時代

無料で、いつでもキャンセルOK➡️アマゾンのAudible(オーディブル)

人気記事【左脳派か右脳派か分からないあなた限定】効率的な英語脳の鍛え方【今回は特別21選!】

人気記事【あなたの英語学習をさらに効果的にする方法】なぜスタエフを継続するのか【理由5つ】

人気記事【これだけで英語人生変わります】1月1日からスタートダッシュするメリット5つ【海外歴20年の僕が思うこと】