【裏ワザ】海外移住が超簡単にできる脳にする方法

幼稚園児でもできちゃう

こんにちは、モトの英語脳ラジオです。
いつもご覧いただき、ありがとうございます!

僕について▶︎「英語が一切喋れない状態」で10歳の時に1人でイギリス留学スタート。海外歴20年の今では、英語が喋れるだけでなく、【コミュニケーション能力】が上がりました。

どんな言語・人種にでも「この人は何を伝えたいのか、何を考えているのか、この人にはどうやって伝えたら効果的なのか」などを無意識に理解出来るようになりました。

油断したらナマケてしまうアナタ

①私・俺のせいじゃなくって、やっぱり脳のせいで海外移住に対して無駄に抵抗があるんだね!

②どれだけ心配性でも、どれだけ英語や海外について無関係な人生を送っていても自分の脳に働きかければ楽勝で海外移住できるってこと?

③どれだけ簡単な方法を教えられても結局は実行しないかも。。。

今回の内容を最後まで参考にするだけで、ほぼ100%海外移住できるようになります!

TOP3の1番目はちょっとハードルが高そうですが、TOP3の2番目や3番目については超カンタンな方法ですし、実行すれば海外移住ができるようになるだけでなく一生の思い出になるでしょう!

一生の思い出になるだけでなく、もしかすると人生の「ターニングポイント」になる可能性も超高いので必ず2日以内に実行したい!

【裏ワザ】海外移住が超簡単にできる脳にする方法

【裏ワザ】海外移住が超簡単にできる脳にする方法

もくじ

  • 海外移住が超簡単にできる脳にする方法: ①ひたすらインタビューする
  • 海外移住が超簡単にできる脳にする方法: ②ひたすらデメリットを書く
  • 海外移住が超簡単にできる脳にする方法: ③ひたすら後悔について書く
  • 海外移住が超簡単にできる脳にする方法: まとめ

サクッと3分ほどで読める記事にしますが、

いつも通り「モトの英語脳ラジオ(PodCast, Spotify, YouTube, Stand.fmなど)」の音声配信で今回の内容を深掘りしますのでお楽しみに!

それでは今日も一緒にいってみましょう!

海外移住が超簡単にできる脳にする方法: ①ひたすらインタビューする

海外移住が超簡単にできる脳にする方法: ①ひたすらインタビューする

海外移住が超簡単にできる脳にする方法の①番目は「ひたすらインタビューする」です。

なぜならインタビューするうちに海外移住がどれだけ簡単なのかを理解できるからです!

そして「こんなダラしがない人でも海外移住できるんだ」と思うような人にも出会えるからです!

夢や目標と同じで老後に海外移住をすると言っても「周りの人は笑う、止める、飽きられる」可能性が少なくないです。

老後だけでなく20代でも30代でも止められる!

例えば30歳であろうと「仕事はどうするの?」や「日本に帰国したら再就職が難しいよ」などと言われる可能性があります。

特に日本人であれば、さまざまなことを言ってくるでしょう。

ひたすら海外移住の経験者にインタビューして、実際に海外移住を体験した人のみから意見を聞きたい!!!

留学生以外、海外移住3年以上

そしてインタビューする人は海外移住を3年以上は経験した人に限定したい。

    基本的に留学生はほとんどの時間が学校での「受け身の時間」が多いのでそこまで参考にしなくてもよいでしょう。

ただ、ほとんどの留学生は老後だけでなく老後前にも海外移住をすべきと強くおすすめするでしょう!

駐在員にインタビューすべき?

留学生よりもインタビューすべきではない人は駐在員と言えます!

なぜなら駐在員の多くは行きたくない国に飛ばされたり、行きたくない国に予定よりも長く駐在することになったりするからです。

ただ、もちろん中には駐在先が合っているから残っても良いということで駐在員を続けている人もいます。

上記のような人は基本的に50歳以上の方です。

そして駐在員のほとんどは忙しかったり接待が多かったりするので基本的にネガティブな思考になりがちです。

結局のところ、行きたい国に駐在員として働き続けている人の多くは50歳以上のベテランの人くらいです。

海外歴20年の僕に言わせると駐在員というのは留学生よりもインタビューすべきではありません。

ということで、海外移住が超簡単にできる脳にする方法の①番目は「ひたすらインタビューする」でした!

海外移住が超簡単にできる脳にする方法: ②ひたすらデメリットを書く

海外移住が超簡単にできる脳にする方法: ②ひたすらデメリットを書く

海外移住が超簡単にできる脳にする方法の②番目は「ひたすらデメリットを書く」です。

なぜなら、ひらすらデメリットを書き続けていると「案外、デメリットではない」と気づくからです!

そしてTOP3の1番目とは違い、TOP3の2番目は完全にあなただけでできるので実行しやすいでしょう。

100日くらい続ければ思いつくデメリットが全く無いことに気づくでしょう。

ちなみに同じようなデメリットがあるだけでなく、ちょっとしたことで解決できるようなデメリットが多かったりします。

実はメリットになる!?

デメリットと思っていたことが実はメリットになることだってあります!

例えばアラサーでもアラフォーでもアラフィフでもプチ海外移住なら全く問題ないですが長期的な海外移住だと「日本に帰国したら仕事はないんじゃないか?」と不安に思うでしょう。

確かに何も考えずに海外移住するだけではほぼ確実に就職は困難になりやすいでしょう。

ただ、いつも言っていますが海外移住すればどんな国に移住したとしても英語力だけでなく英語脳が上達しやすくなります。

別に英語圏ではないバンコク・タイだったとしても英語力だけでなく英語脳が上達しやすくなります!(もちろん当ブログのコツなどは必須です!)

「選択肢がなくなること」がデメリットかと思いきや、実際には選択肢をなくすほど集中できて英語力や英語脳が爆上がりしやすいです。

    「さすがにデメリットでしょ!」ということももちろんありますが、人生100年時代に3度もプチ海外移住すらしていない人はほぼ確実に後悔します!

上記は「1度きりの海外移住ではなく、最低3度の海外移住」ですのでお間違えなく!

海外歴20年がひさびさに断言しますが、駐在員としてではなく海外移住を3度以上トライした人でプチ海外移住でも一生したくない!と言う人には会ったことがありません。

ということで、海外移住が超簡単にできる脳にする方法の②番目は「ひたすらデメリットを書く」でした!

海外移住が超簡単にできる脳にする方法: ③ひたすら後悔について書く

海外移住が超簡単にできる脳にする方法: ③ひたすら後悔について書く

海外移住が超簡単にできる脳にする方法の③番目は「ひたすら後悔について書く」です。

なぜならTOP3の2番目のデメリットをひたすら書くことと同じで、ひたすら後悔について書くことによって見えなかったものが見えてくるからです!

やはりここでも納得するためにシッカリとした結果が必要なので100日間くらいは書き続けたい。

一見、後悔と思いきや、100日くらい連続で後悔について書くと「実は後悔していない、実は後悔していた」などが見えてきます。

後悔についてはシンプルそうでカンタンではありません。

ただ、そんな時は部屋の整理整頓のように「何にトキメクか」を基準に考えたい。

ちなみに今回も完全無料のマインドマップを使うとさまざまなアイデアが浮かんでくるでしょう!

例えば、ある仕事を日本では断念したことがあるかもしれません。

    いつも言っていますが日本の基準は世界トップクラスなので競争が非常に激しいです。

求めていた会社での就職が上手く行かなくても、海外にある同じ会社に就職できることはあります。

例えば日本の上場企業が世界に進出している場合はほぼ確実に日本人の駐在員だけでなく日本人の現地採用もしています。

まずは日本人の現地採用として上場企業に入り、10年以内に日本の本社に就職することは可能です。

結局のところ優秀な人材に対して日本の本社はいつもウェルカムです。

しかし、A(日本本社)というドアとB(海外の子会社)というドアがあり、Aというドアは他の日本人と争う必要があるだけでなく入れる人数が限られていたりします。

    特に上場企業は新卒でないと雇われる可能性が超低いので海外歴20年の僕であれば無理に争ってAというドアを選ぶのではなくBというドアを選びます。

しかもBというドアは入りやすいだけでなく「他の人と仲良く」入りやすかったりします。

そして海外移住の経験だけでなく英語力や英語脳も上達するので一石三鳥です!

本当の後悔とは?

これは本当に人それぞれですが、日本以外の国のほとんどの人は基本的に仕事を中心にして生きている人はいません。

ただ、情熱ややりたいこととして仕事をやっている外国人が多いです。(めちゃくちゃ多いわけではないです)

日本では逆にやりたいことを仕事としてやるのは違うという考えもあります。

例えばイチロー選手はやりたいことを仕事にするべきではないと言うタイプです。

上記は歴史を何度も塗り替えてきたイチロー選手だからこその言葉かなとも言えるでしょう。

とにかく、あなたにとっての後悔について人生100年時代の100日間だけ使って深掘することで例えば「天国に行く前に海外移住を1度でもしたい」となるかもしれません。

海外移住を1度する予定でも、必ず海外移住の計画は3つは作りたい!

ということで、海外移住が超簡単にできる脳にする方法の③番目は「ひたすら後悔について書く」でした!

海外移住が超簡単にできる脳にする方法: まとめ

海外移住が超簡単にできる脳にする方法: まとめ

おさらい

  • 海外移住が超簡単にできる脳にする方法: ①ひたすらインタビューする
  • 海外移住が超簡単にできる脳にする方法: ②ひたすらデメリットを書く
  • 海外移住が超簡単にできる脳にする方法: ③ひたすら後悔について書く

いかがだったでしょうか?

ひたすらインタビューするというのはYouTubeにコメントしたり、Yahooなどの掲示板に質問するだけでもOKです!

ただ、できればインタビュー形式のほうが効果的に海外移住が超簡単にできる脳になりやすいです。

さらにカンタンな方法で言うとデメリットと後悔について書き続けることです!

    書き続けることによって、自分自身について理解できるだけでなく海外移住を簡単に実現してしまう脳に近づけます!

とにかく、ひたすら100日間くらいは上記を続けたい!

【ブルーライトを完全カット!】聞き流し専用のYouTube動画

なんと!音声配信のコンテンツをYouTubeでも聞けるように、聞き流しできるYouTube動画を始めたので、「スキマ時間」や「〜しながら」聞き流したい。

英語脳ブログの内容を音声でさらに濃く、深くお伝えしていますので有益な情報になります!

例えば、英語学習が厳しい時にポチッと押すだけで立派で効果的な英語学習になります。

    YouTubeの動画はタイ・バンコクをドライブしている時にGoProで撮った風景です。(ループしている部分あり)

寿命100年時代なので、今年だけでも海外歴20年の僕がこのブログで紹介している方法やコツを3つだけでもトライしてみましょう!(信じなくていいので笑笑)

今日も読んでいただいて、
ありがとうございます、ステキな1日を!
Thank you my friends, have a great day!
・:*+.\(( °ω° ))/.:+

人気記事【今、メンタリストDaiGoさんが受講中】AQUESオンライン英会話!海外歴20年が思うことTOP3

人気記事【左脳派か右脳派か分からないあなた限定】効率的な英語脳の鍛え方【今回は特別21選!】

人気記事【知らなきゃ損】まずは5万円をアフィリエイトで稼ぐ【超簡単】